日本人の2人に1人が、生涯のうちに一度は「がん」になるといわれています。がんと診断されてから5年後の生存率は過去と比べて62%にアップしています。

また、仕事をしながらがんで通院している人は、32.5万人となっています。

がんは、長く付き合う病気になってきており、病気を抱えながら働ける環境を作ることが望まれます。

関連する記事
コメント
コメントする