過重労働解消キャンペーンが11月に実施されます。

このキャンペーンは、過労死などの要因である長期間労働の削減など、過重労働解消に向けた集中的な周知や啓発活動が行なわれます。

 労働時間などの現状をみても、週の労働時間が60時間以上の労働者の割合は、低下傾向にあるものの、いまだ長時間労働の実態がみられるようです。

それらによる脳・心臓疾患にかかわる労災支給認定件数も高い状態にあります。また、過重労働による健康障害も多い状況にあるほか、割り増し賃金の不払いも発生しています。

 疲労の蓄積による業務と脳・心臓疾患の発症との関連性が強まっています。

時間外や休日の労働が月45時間越えては働くと健康リスクが高まり、月100時間、2〜6ヶ月平均で月80時間を越えると高レベルの健康障害のリスクを抱えることになります。

 

関連する記事
コメント
コメントする