大阪府危機管理室より「南海トラフ大地震の被害想定と行政対応」について講演をいただきました。

講演内容は、

・「逃げる」ための施策の総合化に関すること

・帰宅困難者対策の推進に関すること

・自主防災組織の育成・支援に関すること

・防災の普及啓発に関すること

など危機管理室地域推進の主な内容をご説明いただきました。

さらに、中小企業業務継続計画(BCP)の推進に関することについても理解を深めることができました。

大阪市や堺市では、津波による被害を最小限にするため、地震発生から津波が来るまでに、

できる限り高台や高層ビルに「逃げる」ことが大事だと思いました。

関連する記事
コメント
コメントする