外国人労働者を雇用する事業所は17万2千を超え、毎年10%以上増えています。

外国人労働者全体の31%を占める中国人、次いでベトナム人などとなっており、108万4千人近くになっています。これは日本の人口の概ね100人に1人ということになります。

人材不足が進む中で外国人労働者の受け入れをしっかりと考えていく必要性を感じています。

関連する記事
コメント
コメントする