キャリアデザインは主に若年層を対象に実施されていますが、最近は定年が視野に入った従業員を対象にセカンドキャリアを考えてもらう研修などが増えているようです。

いずれにしても思考方法として「will-can-must」があります。

やりたいこと(will)、

できること(can)

やるべきこと(must)

が一致している状態が望ましいとしています。

さらにセカンドキャリアにおいては、現在までの経験を活かしきることが大きな強みとなることを理解することが大切です。

関連する記事
コメント
コメントする