無位の真人・禅用語です。

地位や立場はいずれはなくなるものである。今は肩書があっても、相手の人間性まではかわることはできない。

自分の地位や立場を無くして、なにも囚われない姿が真の人間性だと知っておかなくてはなりません。

(西日本勤労者剣道大会参加記念)

関連する記事
コメント
コメントする