過労死認定基準について、業務の過重性の評価にあたっては、労働時間、勤務形態、作業環境、精神的緊張の状態を具体的に把握、検討し、総合的に判断する必要性があります。

特に1か月あたり45時間を超えて時間外労働が認められる場合は、業務との関連性が徐々に強まると考えられます(1週間あたり40時間を超えて労働した時間数)

また、発病前1か月に概ね100時間または、発病前2か月間ないし6か月間に1か月あたり80時間を超えた場合は業務との関連性が強いと評価することが重要です。

 

関連する記事
コメント
コメントする