敵国降伏

  • 2019.04.13 Saturday
  • 12:33

  敵国降伏のその意味は、鎌倉期に亀山上皇が納められた御宸筆(天皇の自筆)からで、武力で相手を降伏させるのではなく、徳の力をもって導き、相手が自ら靡き降伏するという王道である我が国の在り方を説いています。

今の日本国にはこの徳が必要だと感じています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM