泉州環境フォーラムの皆さんと福井県大飯町にある関西電力原子力研修センターに行って参りました。ここは、原子力発電所の補修、点検作業の技術向上を図るため実践と同様な設備、機器を備えつけ教育・訓練を実施する施設です。現在は、1500人の技術系社員に対して原子理論を始め法令等の机上教育や保修を中心として技術研修・訓練を実施されていました。特に原子理論については、JCOの事故を踏まえ、重要な事項について教育されていました。泉州環境フォーラムの皆さんも見学時間をオーバーしての充実した見学となりました。
クリーンキャンペーンに参加しました。今回は、秋晴れの中、堺経営者協会、堺市、市の関係団体、連合の組合の皆さんと共に大仙公園周辺の地域を清掃しました。冒頭、堺市の鶴野補佐官から百舌鳥古墳群の説明などがありました。ただ清掃のみでなく堺市の歴史や古墳をまわりながら周辺の状況について勉強することができました。世界遺産の登録も大切ですが、まず、周辺を整えたり、意識を持つことが重要と思いました。

なんと、またか!最近のメデアから発せられる言葉は、「北問題といじめ」。特に「いじめ」は、自殺へと追いやられているようだ。何とかならないものか!朝のテレビでは、小中高校でのいじめは、「0」と報告されているが、自殺者は、多い年で160人の若い命が亡くなっているそうである。本当にどうなっているのか?さらに、連鎖が怖いと思っています。

快晴の中、第33回の堺まつりが開催されました。毎年までパレードに参加させていただいた私にとって、今回は参加できず、見る側となり残念でしたが、パレードの皆さんの威勢のよさに見る楽しさを感じました。70団体と参加されていたそうですが、布団太鼓など「堺の誇りを知る祭」にふさわしいものでした。夕刻は、娘夫婦と堺東でゆっくりさせていただきました。打ち上げの方々も多く堺東周辺も賑やかでした。お疲れ様でした。
連休明けの清々しい朝一番、北花田駅周辺でご挨拶と政策の街頭演説をさせていただきました。大阪府議会議員「せき まもる」堺市議会対策副委員長「みずたに一雄」が大阪府や堺市のために頑張っていくことを政策とあわせて街頭の皆さんに訴えました。街頭演説に当たっては、初めてマイクを持っての活動で一時間ばかりでしたが喉が渇いてしまいました。今後とも街頭演説を継続し民主党の政策を訴えていきます。
朝の挨拶をJR浅香駅で行いました。最近は、子どもたちから挨拶をしてくれます。浅香駅前の道路は、思ったより通行量が多くて8:40ごろは、小中学生の通学と重なり通学路があるのですが、ほとんど使われず近道をされているようです。ドライバーの方は、くれぐれも気を付けて欲しいと思います。午前中は、関電エルハートにお客さまをご案内させていただきました。ここは、第三セクター方式による重度障がい者多数雇用事業所です。事業所紹介のビデオを見ながら、障がい者の方々が生きがいをもって働いている姿や自立されている力強い姿を見て感動しました。中でも「車椅子や盲導犬を連れている姿が普通である社会となるように」と働いている方の夢と言われていました。夢ではなくそういった社会の実現が望まれます。働いている皆さんの笑顔がとても良かったです。

赤い羽根共同募金が始まりました。今年は、ハート型の可愛いバッジにしてみました。今日は、会社で定例の朝の挨拶をさせていただきました。衣替えともあってスーツにネクタイ、秋らしいワンピースなどキリットした感じが印象的でした。中には、Tシャツもありましたが・・・。労働衛生月間も始まりました。気候もいいので健康増進の一助としてスポーツイベントに参加しようと思っています。
今日は、御堂筋線北花田駅に早朝からご挨拶に参りました。朝の時間帯は、どうしても電車の時間に間に合わそうと歩行者信号を赤で横断される方がおられます。また、駅の階段も走って下られる方もおられます。いずれにしても冷やとする光景です。高校生から朝の挨拶が返ってきました。元気な声でした。今日一日いいことがあるかもしれませんね。午前中は、華道展に参加させていただきます。秋のお花をみて参ります。楽しみです。
大規模小売店舗立地法に基づく地域住民説明会が行われました。当日は、午後7時から黒土町会館で地域の10名程の皆さんが来られていました。サンプラザさんからの説明の後、地域の皆さんからの質問があり、周辺の生活環境に対する調和の不具合の問題が、たくさんだされていました。私達にとっては、利用に便利な施設ですが、周辺の方々とっては、また違った問題があることを勉強させられました。今後は、適切な対応を図っていただき地域と共に発展して欲しいと思います。自らも施設利用の際は、車のスピードを落としエンジン停止に努め迷惑のかからないように早速行動したいと思いました。
大和川クリーンアップキャンペーンに参加しました。「よびもどそう大和川!きれいな水と魚たち」をテーマに2001年から大和川再生協議会が主催されています。約1時間半程度の清掃ボランティア活動ですが、2回目の参加となります。私は、第8テント付近を担当させていただきました。河川敷は、たくさんのボランティアの方々で清掃できましたが、川床は十分な作業準備が必要なので少し難しいようでした。たくさんのボランティアの方々が参加されていました。中でも子どもさんと参加されている家族も多く環境教育の観点からも素晴らしいことだと思いました。みんなで取り組めば、川も綺麗になり、人と魚との共生が身近なものになると思います。機会があればどんどん参加して見てはどうでしょうか!少しの時間でしたが、いい気持ちになれました。