キャリアデザインは主に若年層を対象に実施されていますが、最近は定年が視野に入った従業員を対象にセカンドキャリアを考えてもらう研修などが増えているようです。

いずれにしても思考方法として「will-can-must」があります。

やりたいこと(will)、

できること(can)

やるべきこと(must)

が一致している状態が望ましいとしています。

さらにセカンドキャリアにおいては、現在までの経験を活かしきることが大きな強みとなることを理解することが大切です。


 日経の記事に「運動会にも時短のながれ」とあり、学習時間をとるために運動会の時間を削減策として、入場行進の取りやめ、選抜リレーの選手を減らす、玉入れの時間を短くするとあった!

さらには、お弁当の負担をなくすために午後の部を取り止め、運動会準備に割ける時間を減らしてい等、多くの学習に時間を充てるためとしています。

本来の運動会の良さを、もう一度考え直して欲しいと思っています。

 

 以前に載せました「大阪労働大学講座」に縁あって、申し込みをしました。

今回の講座の内容については、労働法や労働経済・福祉の分野の多岐にわたって講座が組まれています。

改正された法律など、再度確認していきたいと思っています。

講座でお会いしましたら、よろしくお願いします。


 65歳になれば定年!継続雇用により人手不足解消や高度の知識を有効活用すると言った事により、65歳以上働ける企業が増えています。

しかしながら就労希望者からみれば、もっと雇用の拡大が必要とされています。

今週、国会での働き方改革においても十分な審議をしていただき、個人の生活や幸せを大切に考えた制度になれば、日本の社会や企業にも良い効果がでると思います。

 


 月が替わると!良く忘れるのが、カレンダーめくり!!会社や自宅のカレンダーが5月のままになっていました。

カレンダーをめくるとその月の顔が見えてくるようです。

アジサイやカタツムリ、初夏を思わせるような青空と雲など、楽しませてくれます。


 6月を入り、早や半年と思っている人も多いのではないでしょうか!月末の総会シーズンがやってきます。

また、社会保険(健康保険や厚生年金)に加入の事業所も社会保険算定基礎届と忙しい月となります。平成23年の法改正により、1年間の報酬平均を用いて保険料を決定することが可能になりました。

 


 民法(債権関係)の改正をテーマとしたセミナーに参加しました。2020年4月の施行までに対応が急務となり、多くの項目についても係わってきます。

特に不動産業に係わる仕事には大きな影響が予想され、一般の人たちにも理解が必要になってくると思います。

 


 梅雨入りを思わせるような雨となりました。夕刻には上がりそうですが、明日も雲行きによっては雨となりそうです。

 


 健康保険・厚生年金保険は5日以内に年金事務所で、雇用保険は翌月の10日までにハローワークで、それぞれ加入の手続きを行わなければなりません。(介護保険は40歳の時点で自動加入となります)

入社をしたらなるべく早く手続きを済ませましょう!


 5月も今週で終わり、国会も会期末が近づいています。後からいろんな問題が出てくるようですが、今月でスッキリして欲しいと思います。

青い空だけがスッキリしていましたが・・・。早くしないと梅雨入りですよ!